姉はヤンママ授乳中in実家 無料ネタバレ/エロ過ぎる姉にイケナイ妄想が止まらない男性が続出ww

姉はヤンママ授乳中in実家&in熱海
なんといってもエロ過ぎる姉・アイカw

出産後で大きくなったオッパイを吸ってみたい衝動にかられた。姉と分かっていても、女性の身体。

頭では分かっているが、自分の体が反応している。下半身に熱いものが感じられる。勃起していた。

授乳姿に興奮を覚えている自分がいた。性欲がまさってしまっている。姉の身体に興奮していた。

もう我慢出来ない。授乳中の姉をマジマジと見てしまう。オッパイの膨らみとエロい肉体に、興奮が収まらない。ダメだと自分に言い聞かせる。姉にエロい感情を覚えてしまった自分が情け無いやら恥ずかしいやらで、頭がぐちゃぐちゃになってしまう。

しかし、性欲を抑えきれなくなって、授乳が終わった姉を押し倒してしまった。禁断の壁を破ってしまった。姉は何が起きたか分かってない。

無理矢理、オッパイを吸った。乳が出てきた。最初は、声を上げて抵抗したが、だんだんと感じ始めた。気持ち良かったのか、感じ始めて、いやらしい声を上げ始めた。さすがに人妻、やり始めたら自分から欲しがり始めた。姉も受け入れた。そうして、禁断のセックスがスタートしてしまった。

姉は、以外にフェラが上手くてビックリした。そして、アソコもなかなか締まりが良く気持ちいい。禁断だからか、妙に興奮した。だんだんと激しくなった。姉も欲求不満だったのだろう。姉から導き始めた。何も言葉は発しなかったが、気持ちいいと言ってくれた。姉は昔から優しかった。最後は、中出ししてしまった。

まずは、様子をうかがいます。そして、授乳が終わったあと、次男が寝てしまったあとに、さっきの授乳の様子について、姉に話を持ちかけます。「姉さん、さっきの授乳の様子見てたよ。」「ちょっと、弟がいるまで、あんなにおっぱい見せられると、興奮しちゃったよ。」と言って、姉の洋服を脱がせます。それは強引に脱がせます。再び胸は丸出しになり、乳首をしゃぶりつきます。激しく、激しく。まだ授乳のミルクの後が残っています。舌を出して、乳首をなめまわします。姉は、「アン、、、アン」と感じています。いよいよ全ての洋服を脱がし、次は下着も完全に脱がせます。下着はピンクで、下半身は、透明で透けていましたが、そんなこと関係なく、あっという間にパンツも脱がせました。マンコは、毛がなく、3つの穴が鮮明に見えます。綺麗なピンクではなく、少し黒っぽかったです。ぱっくりした割れ目は、これまで何人の男のチンコを入れたのでしょうか。いよいよ挿入する時には、マンコは完全に濡れており、つるっと入ってしまいました。膣の中は、暖かく、生挿入していたので、とても気持ちよかったです。動かすたびに、姉は喘ぎます。とても感じています。しばらくすると、姉のマンコから潮が吹き出し、何度もいっていました。そしていよいよフィニッシュ!!もちろん中出しです。中でフィニッシュしたあと、姉の口の中にチンコをくわえさせます。何度もフェラをさせ、再びフィニッシュ!!それから毎日のようにエッチを繰り返しています。

 

姉が子供に授乳を終え、布団の上にそっと置いた。
ここしかないとそんなことしてはいけないと分かっていながらも姉を押し倒してしまった。困惑している姉。

僕は構わずその綺麗な乳房にしゃぶりついた。ぐいぐいと姉は抵抗するが、
少し強めに噛んでやると可愛らしい声が漏れた。

本人もびっくりしているようだ。
それ以降段々姉の声が大きくなっていき、僕のモノもガチガチになっていた。

我慢の限界であった為、少し乱雑に姉の下着をずりおろした。
必死で隠そうとしているが、男の力には叶わず手入れされている毛とエッチなそれが露わになった。

泣きながら拒んでくるが、僕の支配欲を煽るだけだった。
僕の硬くなったそれを姉のトロトロになったあそこにあてがうと姉は諦めたのか抵抗しなくなっていた。

僕はそれをいいことにズッと奥まで押し込んだ。
姉の嬌声が狭い部屋に響き渡る。ガンガン勢いよく突き続けると姉は気持ちよさそうに僕にキスを求めてきた。
応えてやると姉は蕩けた表情になり、快感だけを感じ取っているようだった。

普段とはまるで違う姉の姿は、僕のそれは更に大きくさせた。
そろそろイキそうだという姉にエッチだね、僕と一緒にイこうというと腰を痙攣させながら果てた。
それを見て僕も姉の温かさを感じながら、中に出した。

 

下半身は勃起し、興奮状態に、もちろん理性なんて吹っ飛んでいる。ムッチムチの生々しい姉の体に吸いとられるかのように見いってしまい、授乳中の子供を突き放し、乳房が露出し、当惑している姉の体を触りまくる。次第に手は姉の下半身へ。キャッ、姉の声。恥ずかしそうに、頬を赤らめながらも、どこか気持ち良さそうに、僕を誘惑してくるかのように、エロい目で見つめてくる。もう我慢できない。姉のはいているジーパンを脱がし、パンツを引きちぎり、風俗で鍛えられたテクニックを使って、姉のクリトリスを刺激する。甲高いあえぎ声を上げる姉、彼女のあそこはどんどん濡れてくる。あっけにとられて何が起きているのかわからない子供たちの前で、理性を失った僕は遂に下半身を挿入する。何やってんの、ダメだよ、入れちゃ、アッ、、温かい姉の膣のなかで、僕の性器はどんどん大きくなる。今まで我慢してきた、何十年分の精液を勢いよく放出する。その瞬間、我に帰ったかのように、自分がしてしまったことを認識する。

しかし時すでに遅しw

姉は中に出してしまったオレを許してくれたww

 

ひどく怒られて罵倒されたら反省してもう2度とヤンママの姉を襲うことはなかったかもしれないが・・・
中に出しても許してくれるってことはこれからも
中に出していいってことだよな!?w

 

そんな勘違いをしてしまったオレはことごとく、
性欲が溜まってムラムラして時は姉のま〇こを借りて射精するようになっていた笑

 

姉はヤンママ授乳中in実家&in熱海 姉を1度でも犯したいと思ったことがあるなら買いww

俺は姉ちゃんが大好きです。それは姉弟としてではなく、女として好きである。やりたくてしょうがない。犯したい。

子供の頃はよくふざけ合って遊んでいた。二人でプロレスまがいなことをして、姉ちゃんの膨よかな女性らしいお尻に、俺の大きくなった逸物を擦りつけていた。

初めての射精。俺が小6で姉ちゃんが中二。
あの「ションベンを漏らしてしまった」という感覚は今でも忘れられない。
姉ちゃんもまんざらではなかったと思う。その時の姉ちゃんの息遣いは脳裏に刻みこまれています。

あれから長い月日が経って、お互いに家庭を持ち、年に何回かは実家であいます。
たまに会う姉ちゃんはますますいい女になっていく。大人の女性としていまが真っ盛りの時なのでしょう。
私は妄想を膨らせてしまいます。
やりたい、犯したい、メチャクチャにしたい。

子供の頃姉と私でよく行った神社のお祭りがあります。久しぶりに「一緒に行かない」と誘ってみるつもりです。
そして、ビール飲みながらたこ焼き食べて。
ちょっと酔っ払ってきたら、ひと気が全くない神社の雑木林につれこみ、姉ちゃんのパンツの中に手を突っ込み、気持ちよくさせたい。そして、ぐちょぐちょになったあそこを舐め回したい。「もうダメ〜」と言わせたい。

そして、ビンビンのち◯こを服を着たまま、密林のあそこに入れて、あそこをメチャクチャにしたい。最後は濃い精液を姉ちゃんのあそこの中にドピュッと出したい。

まさに禁断の果実であることは間違いない。
でも欲望が抑えられない。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

姉はヤンママ授乳中in実家 第2話ネタバレ 弟のギンギンチ○ポ咥えちゃうイケない...

姉はヤンママ授乳中in実家 第3話ネタバレ 弟に勃起チ○ポぶち込まれ、人妻ま〇こ...

姉はヤンママ授乳中in熱海 第2話ネタバレ 海でアオカン!浮き輪in姉貴オナホw...

姉はヤンママ授乳中in熱海 第3話ネタバレ 濃厚ベロチューしながら駅弁スタイルで...

姉はヤンキー授乳中in熱海 元ヤン、今はヤンママの姉貴に遠慮無く中出しする弟

姉はヤンママ授乳中in熱海-海でアオカンしちゃいます!❤