姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】無料ネタバレ/目の前で無防備に授乳している姉貴のおっぱいを・・・

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】!
見どころはなんといってもヤンママ姉貴のエロ過ぎる授乳シーンではないでしょうか♪

 

ムチムチでミルクでパンパンに張ったおっぱいを・・・
弟が見てる前で無防備に露出して授乳するヤンママ姉貴・・・

 

赤ちゃんに授乳するという、女性にとっては何気ない行為かもしれませんが・・・
その体がエロ過ぎて興奮せずにはいられない・・・

 

そしてムラムラが抑えきれなくなってしまい
本来は赤ちゃんが吸うはずのおっぱいを・・・
大切なおっぱいを強引に奪ってなるで赤子のように
夢中になってチュパチュパと吸いまくる・・・

 

乳首を吸うという行為は同じでも赤ちゃんに吸われるのと
赤ちゃんのように夢中になって吸っているがそれが成人男性というのは
まったくの別物。
 

赤ちゃんには真似できない、ところどころでイヤらしい吸い方に
姉も声を出して感じ始めるようになってしまい・・・!

 

我慢できなくなってしまった姉弟はそのまま・・・、最後まで・・・!
 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】ではこんなエロ過ぎるシーンが満載ですよ!

ヤンママ姉貴の母乳を赤子のように貪った後は・・・姉が失神するまでズコズコw

私はそのまま授乳している姉の空いた側の乳に飛びつき、赤子のように乳にむしゃぶりつきました。
最初は困惑していた姉でしたが、旦那との夜の営みが上手くいっていないのか次第に頬を赤らめながら甘い声を出し始めました。

乳首を口に含みながらモガモガと、赤ちゃんと俺、どっちのが乳首吸うの上手い?
とイジワルな問いかけを上目遣いでしてみると、あんたどこでそんな技覚えたの。
上手すぎる、この女ごろしっ。と歯を食いしばりながら答えられました。
私は女体の扱いには自信があったので飢えた人妻をコマすなんて事は朝飯前でした。

そして、俺の部屋に来い。
お前がいま望んでることそのまましてやるから。と授乳を中断させ姉の手を力づくで引っ張りヤリ部屋に連れ込みました。

部屋に入るやいなや私は姉の髪の毛をガッ掴み、私の股間に顔を押し付けました。
そしてズボンを下ろさせギンギンにいきり立ったチンポを姉の眼前に突きつけ、
旦那とどっちのがデカイか言え。と言い姉は、旦那の2倍はある。と目にハートを作りながら答えました。

そのまま軽くフェラをさせてチンポをよだれまみれにさせ姉をベッドに四つん這いにさせました。
そして姉のデカケツを舐め回すように撫で回し、私のデカチンを姉の割れ目に当てがいました。

 

覚悟はいいな?ぶっ壊してやるから。と宣言してすぐに私は亀頭で姉の子宮をぶん殴る勢いで一気に奥までチンポを入れました。その瞬間姉は声も出せないままビキビキに仰け反って絶頂に達しました。
もちろん私がそこで満足するはずもなく、失神している姉の子宮めがけて鬼のような高速ピストンを遠慮もなく続けました。

そしてそのまま姉の中に・・・!

 

自分の旦那よりデカいという弟のち〇ぽで感じまくって
ヨガリ狂うヤンママ姉貴がエロ過ぎて腰が止まらない・・・!!

 

ヤンママ姉貴のエロ過ぎる身体を朝から晩までハメ倒す!ww

こんなスケベなヤンママ姉貴の身体なら
家族がいない隙を狙って、朝から晩までハメ倒したいですよねww

 

姉貴の胸にしゃぶりついてずっと乳首を吸っていたい。そしてその後に野獣のように犯してその日は終わる。

翌日になるととくに何事もなかったように姉は朝ごはんを作りながら姉貴は子供の面倒を見ている。
すると姉貴は爆乳を丸出しにして子供にお乳をあげ始めた。
僕はビックリしながらもずっと観察している。

そのままお乳をやっている姉貴を見て、思わず僕はオナニーを始めてしまう。
その状況を姉貴に見られてしまい僕はまた部屋に戻っていく。

朝ごはんを食べ終わって姉貴は洗濯物を干すことになる。
干している姿をよく見てみると姉貴はノーパンだった。
洗濯物を取るたびに姉貴のあそこが丸出しで丸までになっている。

僕は流石に我慢できなくなってそのまま外で姉貴を押し倒す。
声が外に漏れないように口を押される姉貴。外で姉貴とSEXをする事でとても開放的な気持ちになる。
子供は部屋で寝ているからとくに問題はないが流石に近所の人に見られたくない。
そのまま姉貴のお腹に射精して姉貴も満足そうにして再び洗濯物を干すことになる。

お昼ご飯を食べ終わって昼寝をしている姉貴。
午前中の興奮がおさまらないまま僕はまだ姉貴のおっぱいを吸い始める。
姉貴も気が付いて声を出してしまう。ずっとずっと吸い続ける僕は再び姉貴とSEXを始める。

さすがに疲れてきてすぐに射精してしまう。
姉貴はやや不満そうだが、シャワーを浴びて夕飯のおかずを買いに外に出て行く。
その夜もまた僕は姉貴を抱くだろう…

 

姉貴・・・!そんなエロい身体で授乳してたらもう我慢できねえよ・・・!

子供に授乳しているのを見て我慢できなくなり、もう片方のおっぱいにかぶりつき、おっぱいを吸う。
子供に邪魔をされたくないので、子供を寝かせておく。

たまに姉の乳首を甘噛みして反応を楽しみながら吸う。
姉のおっぱいを吸い尽くすころには自分の下半身は限界になっているので、
交代して姉に自分のをしゃぶってもらう。

しゃぶってもらいながら姉のおっぱいもしゃぶりお互いが気持ちよくなるまで続ける。
そのころには姉も我慢できなくなっていてエッチをしたいとパンツを脱いでグショグショになった下半身を見せつけてくる。
すぐには挿入せずに指を一本ずつ入れていって姉の反応を楽しみながら焦らしていく。

姉は何回も絶頂を迎え速く挿入してほしいと頼んでくる。
ここで挿入してとても激しい行為を行いこれまでにない絶頂をお互いに迎える。

 

姉貴の母乳飲んでたらギンギンになったからぶち込ませて・・・!!w

「姉ちゃん、俺の目の前でそんなことして、我慢できないよ。」
「俺にもおっぱい吸わせてくれよ。」
そういうと、姉の乳房にしゃぶりついた。

「やめて、子どもじゃないんだから。おかしいよ」
そう言って拒否するものの、子どもが吸うのとは感触が違うのか、
「んっ、んっあっ、やだっ、やめてよっ、あっ」と喘ぎ始めた。

普段しゃべる声とは明らかに違うトーンの声に、
俺のペニスはびんびんに勃起してしまった。
姉が部屋着だったこともあり、あっという間にズボンと下着を脱がせると、
そのまま挿入しようとした。

「ダメだよ。きょうだいでおかしいよ。やめてよ。」
姉の声に我に帰るどころか、姉とこんなことをしている状況に、むしろ興奮してしまった。
出産したばかりだからと思い、生で挿入した。

「あぁ・・・だめなのに・・・」と先ほどまで拒否していたのに、
挿入されてしまうと、もはや観念した様子で受け入れているようだった。

ゆるゆるかと思いきや、案外締め付けてくるので、何度もイキそうになってしまった。
そのたびに、体位を変えて我慢した。
騎乗位の体制で揺れる乳房に吸い付くのも最高だった。

再び正常位に戻ると、いよいよイキそうになってきた。
それを姉も察したのか「中はダメだよ。外に出してね」とお願いしてきた。
しかし、そのときにはもうピストンはフルスピードで、その声も耳に入らなかった。

俺は溜まっていた精液を姉の膣奥で一気に放出した。

 

母乳を与えている赤ちゃんから奪い取り自分が授乳を行い母乳から出るミルクを飲み
赤ちゃんの目の前でおっぱいモミモミしながらあそこをくちゅくちゅ音をさせながらクンニを行うと・・・

 
「あ・・・っ!ちょっ、ダメっ・・・!」

たまらず、姉貴のエロい声が漏れる・・・
 

姉貴のぐちょぐちょになったま〇こから出る甘い汁と・・・
ヤンママ姉貴のエロ過ぎる声に弟のアレは反り返るほどのフル勃起・・・!

おっぱいを飲みながら下をくちゅくちゅ音を鳴らして気持ち良さそうにしているときに赤ちゃんの目の前ぶちこむ・・・!
ギッチギチに硬くなったアレを姉貴生ま〇こにぶち込む・・・!

人妻である姉貴を犯す罪悪感と、姉と弟で近親〇姦しちゃう背徳感で興奮が止まらない・・・!

 

赤ちゃんに見られながらのセックスを行うなんて・・・めちゃくちゃ興奮する・・・!
授乳中の赤ちゃんから奪い取ることも燃えると思います。

 
赤ちゃんを産んでも肉付きのいいお姉ちゃんであるのでとてもしっかりとした締め付けが最高♪

 

母乳はどんな味なのが聞いてる・・・
「あ、姉貴・・・母乳ってどんな味なんだろうね・・・w」

教えてくれたら少し飲ませてほしいとお願いしてみます。
いやだと言われたら触るだけと言ってみてとりあえず少し胸に近づいていきます。
「ちょっ・・・あんんた何言ってんの・・・!母乳飲んでみたいなんてっ・・・!

 
「ねっ・・・!一生のお願い!触るだけっ・・・!!w」
何回もお願いをすれば触るだけならと言ってくれるから勢いで母乳を飲んでみます。

押しに弱い姉貴は勢いで母乳をチュパチュパ吸っても許してくれる!w

 
姉もなんだかんだで少し興奮してくると思うので自分の股間を触ってほしいとお願いします。
躊躇していると思うので姉の手を取って股間に持って行ってみます。
そして触らせてみて姉の様子を伺いながら手でしてもらうとように促します。

手でしてくれたら口でしてほしいとお願いしてみます。嫌がる姉の口に股間を近づけていき口でしてもらいます。

ヤンママ姉貴なだけあってち〇ぽの扱いは手慣れたものw
今まで一体何本咥えてきたんだと言わんばかりに気持ち良過ぎる超絶フェラテク・・・!

 

「全部、姉ちゃんの口の中に出していいよっ!・・・❤」
あまりの気持ち良さ我慢できずにたまらず姉貴の口の中に溜まりまくった濃厚ザーメンを射精!

 

ドクドクと注ぎ込まれる大量の弟ザーメンを一滴残らず、
喉を鳴らしながら飲み干してくれるヤンママ姉貴・・・!

とにかくエロすぎてもう我慢ならん・・・!
 

そのまま姉貴をソファに押し倒して、
我を忘れて姉貴の割れ目に肉棒ぶち込み、姉貴の制止を無視して
激しく腰を打ち付ける・・・!

 

授乳していないもう一つの乳首を吸って母乳を一緒に飲ませてもらいました。授乳が終わった後は両方の乳を揉みながら顔を埋め、姉が感じ始めたらアソコにも手をやって手マンしました。悶え始めてきたからうつ伏せにしてパイズリしてもらいました。パイズリに慣れてきたからパイズリしながら口でも咥えてもらってそのまま射精しました。胸から顔まで精液が飛び散りましたが、精液をそのままにして騎乗位でスマタでチンポを刺激してもらい、そのままイキました。もちろん、射精して身体についた付いた精液は舐めてもらいました。しかし、身体を舐めてもらったら再び勃起したので、今度は四つん這いにさせて尻コキし、お尻に発射させてもらいました。

 

姉貴に母乳飲んでみたいなと言ってみた。そしたら何言ってるのー!もー!と誤魔化された。でも自分のあそこが大きくなってるのに気づいた姉貴はちょっとだけね。と言い恥ずかしそうに乳を出してきた。もう我慢の限界だったからすぐに飛びついた。姉貴から出る母乳を飲んでいると思うと興奮してたまらなかった。姉貴は舌を動かすごとにビクビク反応してそこだめ…と言っている。あの姉貴が感じてる。と思いあそこの部分を触った。すると少し触っただけでなのにまってだめ…イッちゃうよ…と言われじゃあイけよと俺は言った。1分も立たないうちに姉貴はイッた。姉貴は恥ずかしそうにお願い…入れて…といい俺のアソコも我慢できず入れてしまった。思ったより締まりがよくすぐにイッてしまった。でも姉貴にやめないで…と言われその後5発かました。それからも体の関係は続いている。

 

姉はヤンママ授乳中in実家 姉の母乳をチュパチュパと貪り、フェラで姉貴の口内に暴発発射!!

久々に姉との再開で、いくら姉でも女性で、ある以上豊満な身体を持っている。目の前で巨乳を丸出しで授乳している、確実に自分のムスコも興奮で、ビンビンになっている。準備は出来た、気分もムラムラ高揚している。そんな姉貴の姿をとりあえず、動画と写メに記録、後で、一人で楽しむためだ。授乳が終わり、長男が寝付いた。
我慢の限界突破、姉貴ね胸にダイブしてそのまま豊満な巨乳をチュパチュパしながら、動揺する姉貴の顔を見ると一段とスイッチが入った
嫌がる姉貴の表情は見る見る紅くなり、興奮してきてる。そのまま、
キスを求めると、感じているのか、自らがディープキスを始めた。これはチャンス、普段欲求不満なのか姉貴のキスが止まらない、
そのままスカートの中に手を入れてみる、すると、さすがに、姉貴が、嫌がる。そのタイミングで、自分の股間に姉貴の手を入れてみる、すると、今までにない表情で、嬉しさの余り、そのままベルトを外しパンツを下ろされ、フェラがスタートする。久々の再開で熟した姉貴の身体に一段と興奮してきた。濡れている姉貴のパンツのクロッチ部分を舐める、ネットリトと濃厚なブルーチーズの様な味わいと共に、石鹸の香りがする。そこで、一発フィニッシュ。口の中に出してしまった。ゴックンをさせ、次はクンニをしながら、フェラつまり69の体制でお互い舐め合う。それぞれの部分は赤く敏感になり、姉貴も、諦めた表情と恥ずかしさが混じり、股を開く。正常位でフィニッシュした所で、長男が泣き始めたので、終わりました。

 

姉はヤンママ授乳中in実家 授乳シーンに興奮してギンギンになったアレをしごいてもらって姉貴の手の中で発射・・・!

数か月前に彼女に振られてしまい、欲求不満が溜まっていた俺は、
姉のエロい肉体を見せつけられる度に、だんだんとムラムラが抑えられなくなってきた。
目の前で授乳している様子が脳裏から離れず、ダメだろ、おかしいだろ、と思いつつ、姉をオカズにオナニーするようになった。
どうしても姉の肉体を意識するようになってしまい、授乳の様子をチラ見したり、胸をチラ見するような癖がついて、姉も気づいているようだった。
そんなある日、姉の旦那が子供二人を連れて、外で映画を観に遊びに行った。今日は夕方まで帰ってこないそうだ。
これはチャンス!と思ったが、何がどうチャンスなのか自分でも意味不明で、おかしくなっているんじゃないかと悶々としていた。
そしたら、姉の方から俺に声をかけてきて、「昔みたいに、一緒にお風呂に入らない?」と冗談っぽく誘ってきた。
これは断るわけにはいかないと思い、動揺しつつ、変な雰囲気にならないように冗談っぽくOKした。
脱衣所でお互いに裸になると、やっぱり姉の肉体はエロエロで、興奮が抑えられなくなってきた。
姉が背中を流してくれると言うので、後ろから体を洗ってもらったが、ギンギンに勃起していた。
わざとやっているのか、姉は俺の背中に胸を押し付けて、キャッキャと面白がって笑いながら胸で背中を洗ってきた。
興奮するかと興味深そうに姉が聞いてくるので「興奮する」と答えると、姉はいきなり俺の勃起したチンコを手でつかんできた。
「めっちゃおっきくなってる」とか嬉しそうに叫んだ姉は、そのまま石鹸の泡を使って手コキしだした。
姉の胸の感触と体温を背中に感じながら、俺は姉の手のひらの中に大量に射精した。
姉は「うわぁっ、いっぱい出た、すごい熱い」などと言って、大喜びしていた。

 

とにかく母乳が出なくなるまでこれでもかと吸いまくって
授乳プレイでガチガチに硬くなったち〇ぽを姉にぶち込んで
弟ち〇ぽで喘がせたいという願望があるなら
姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】は必見ですよw

 
姉はヤンママ授乳中in熱海 無料でネタバレ【画像あり】TOPへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

姉はヤンママ授乳中in実家 無料ネタバレ/エロ過ぎる姉にイケナイ妄想が止まらない...

姉はヤンママ授乳中in熱海-寝てる旦那の横で寝取りセックス!?

姉はヤンママ授乳中in実家 第4話ネタバレ 姉貴の穴をオナホにして抜く弟❤

姉はヤンキー授乳中in熱海 元ヤン、今はヤンママの姉貴に遠慮無く中出しする弟

姉はヤンママ授乳中in実家 第2話ネタバレ 弟のギンギンチ○ポ咥えちゃうイケない...

姉はヤンママ授乳中in熱海 第2話ネタバレ 海でアオカン!浮き輪in姉貴オナホw...